クリニックの窓口で薬をもらえるので、助かっています

PR|WEBコンサルティング会社神戸経営コンサルティング会社SEO対策会社MEO対策会社根管治療専門医自費診療専門歯科医院芦屋市の矯正歯科医院なら大阪市内で歯周病治療が専門の歯科医院

この数年で、調剤薬局がずいぶん増えたと感じている人が多いと思います。最近では病院で診察してもらって、処方箋を受け取り、その後近くの調剤薬局に出向いて薬を受け取る、というのが当たり前のようになっていいます。医療費を抑えるためか、薬の出し過ぎを抑えるためか、政府主導によって、医薬分業のこのシステムに変わりつつあるようですが、患者にしてみれば、病院で待ち、さらに薬局で待ち、ということになるので面倒だなあと思うのが本音です。
風邪を引いた時にお世話になっている近所のクリニックは、今でも窓口で薬を渡してくれるシステムです。薬の袋には、1日に飲む量や飲むタイミング、注意点などが書かれた紙が入っています。医師も、これこれという薬を出しておきます、と診察の際に説明してくれるので、不安を感じることもありません。
熱が高い時なんかは、診察の後、調剤薬局に行くのも大変だし、一か所で全て済むのでとても助かっています。行きつけのクリニックに関しては、世間の流れに逆らって、医薬分業にならないでほしいと願っています。
もともと身体が丈夫だったので、あまり医者にかかる回数は多くありませんでした。しかし、高校の健康診断で貧血と診断されてから、何度も貧血でひっかかり自宅の傍の内科を訪れています。中学生までは別の小児科にかかっていましたが、高校になったので近所の内科に行くようになりました。その内科の先生には別の家族もお世話になっていました。評判も良く遠方からも人が来て、診療所はいつも順番待ちでした。先生には高校生から20代初めまで何度も貧血でお世話になりました。鉄剤を飲まないとすぐに再発し、忘れた頃に健康診断で引っかかるということを繰り返しました。合間に数回風邪を引いて何度か受診しました。
20代の初め、父が肺がんと診断されました。健康診断で引っかかったのです。父の希望で在宅で最期を看取りましたが、最後の一カ月は先生に自宅まで往診に来ていただきました。
それから暫くして、先生は医者のいない小さな村へと移住されました。現在はそちらで診療所を開いているそうです。

|病院ナビ|病院ラボ|病院の教科書|クリニックナビ|クリニックラボ|クリニックの教科書|病院ネット|医療ナビ|医療ラボ|健康ナビ|クリニック集客ノウハウ|