クリニックの先生も同じ経験をしていた

腕の骨折による後遺症

小学生の時に、腕を骨折し、街のクリニックで治療を受けることになりました。骨折した瞬間の痛みは本当に強烈で、目の前が真っ暗になる、という表現がぴったり合うほどに、本当にきつかったのを覚えています。さて、クリニックへは、両親が来るまで送ってくれたのですが、ほんの少しの振動が、腕にダイレクトに伝わり、毎秒痛みとの戦いでした。それでも、クリニックに着いて、先生に診察してもらっていると、不思議と気持ちが落ち着いたんですよね。それまでは、わんわん泣いていましたが、いつの間にか泣き止んでいました。

非常に優しい先生

というのも、診療所やクリニックの先生がすごく親身な方で、優しい言葉をかけ続けてくれて、自然と痛みが和らいでいったのです。あと、先生自身も、骨折したことがあって、当時の体験談をいろいろと話してくれたんですよね。例えば、私は左腕(利き腕ではない)を骨折したのですが、先生は利き腕である右腕を骨折したのだそう。なので、(私は)まだ不幸中の幸いであると、そんな風に言ってくれました。ただし、頑張らないといけないとか、そういう、根性論みたいなことを押し付けてくるのではなく、あくまでも、私の目線に立ったとてもやさし言葉をかけてくれたのです。今までの人生で、クリニックや病院などには何度もお世話になりましたが、この時の先生が個人的には一番印象に残っています。