よく話を聞いてくれるドクターのことは信じられる

まず、患者のことを金もうけの源泉とは思わずに、ひとりの困っている人間だと認識してくれているドクターでないと、信じることはできないと思います。これはクリニックの集客コンサルティングに教えてもらったのですが、薬をむやみやたらと院内処方するなど信用のかけらも生まれません。また、身体を全く触らないとか、患者の顔も見ずに診察をし続けるなどの態度も同様だと思います。触診などは、案外診断に重要な役割を果たすからです。信用のおけるドクターの一番の特徴は、患者の話をよく聴いてくれるということでしょう。いちかわデンタルオフィスのドクターの中には、患者が話し始めるとさえぎるように「では、薬出しておきますね。」と言って診察室から出るように促す方もいます。ゆっくりと時間をかけて、患者の訴えを聴いてくれて、問診・触診・適切な検査をしてくれるドクターは信じられるので、通い続けます。また、こちらは素人ですから、とんちんかんな質問をすることも多くあります。それに対して、わかりやすく説明してくれると、信頼関係ができると思います。それができる先生だからこそ、東京で根管治療の名医として人気なのだと思います。